カウンターストレイン(立方骨編、固有受容器)

片足立ちをやり易くなる施術②

固有受容器(筋、腱、関節等の位置や動きを脳に情報をもたらす器官)に刺激を入れる

 

 

 

前回は距骨に位置を正しい位置に戻す施術を書きました。

 

今回は足の外側のアーチを作る立方骨を正しい位置に戻す施術

 

 

 

①小指側にある立方骨を下にさげて足首を内反させる

 

②その状態で1分~1分半押さえて床に静かにおろして30秒おく

 

③片足立ちすると足が外に流れにくくなる(^0^)

 

 

 

筋肉だけではなく、関節の位置もよく確認しましょう(^^)

 

片足立ちを前よりできるようになりたいとご希望の方は

お問合せ下さい。

 

アメブロはこちら↓

 

https://ameblo.jp/kuri-ren