カウンターストレイン(骨盤編)の確認

カウンターストレイン(骨盤編)の確認

 

固有受容器(筋、腱、関節等の位置や動きを脳に情報をもたらす器官)に刺激を入れる

 

 

 

骨盤の問題で左右に足の長さが違う場合

 

 

 

●まずは骨盤が問題か確認

 

①うつ伏せで手は尻の横におき、軽く膝を曲げて足首を背屈にして足の長さを確認

 

②長座で座り足の左右に長さをチェック

 

寝た状態と長座で左右に足の長さが逆転した場合、骨盤に要因があると導き出される。

 

 

 

●うつ伏せで足の左右の長さをチェックして

 

短い方は骨盤後傾=PI腸骨という

 

長い方は骨盤前傾=AS腸骨という

 

次回は骨盤の調整のやり方を解説します。

 

 

 

左右で足の長さが違う方、骨盤の問題があるか不安な方は体験に来てみて下さい。

 

アメブロはこちら↓

https://ameblo.jp/kuri-ren