下肢連動性(舟状骨=しゅうじょうこつ)

下肢連動性(舟状骨=しゅうじょうこつ)

 

 

 

前回で正しい足関節(そっかんせつ=足首の関節)でないと股関節が使いにくいと書きましたのでその改善方法を(^^)

 

まずはハイアーチや偏平足(へんぺいそく=足の内側縦アーチがない足)に関わる舟状骨にアプローチ。

 

最近よく見るのは足の内側アーチが高くなりすぎてるハイアーチ。

 

この状態だと舟状骨があまり動かないので→内側広筋(ないそくこうきん=太腿の内側)に力が入らず→膝をロックできず→股関節を使えないと負のスパイラルに入ってしまいます。

 

 

 

ではその改善方法

 

①足部の他の骨を固定して舟状骨を指で持ち上下に動かす

 

(ハイアーチに方は足底筋膜(そくていきんまく=足裏の筋肉)が張ってるので指を内側に差し込んで舟状骨をつかむ)

 

②内踝と舟状骨を結ぶ靭帯(じんたい)を緩める(カッサみたいのものがあれば解しやすい)

 

 

 

内側のアーチができるとしっかりと地面の力を伝えれてスポーツにいかせます。

 

次回は逆の外側アーチの改善を(^0^)

 

アメブロはこちら↓

https://ameblo.jp/kuri-ren