重力拡散理論(外旋グリップ実技編)

重力拡散理論(外旋グリップ実技編)

 

 

 

前回で足の内側縦アーチを作る練習をしたので、これから本格的にトレーニングに入っていきます。

 

 

 

①足を真直ぐ前に向けて、足裏の外側に体重をかけてスクワット

 

②足の指先を内に向けて膝を外に向ける意識でデットリフト

 

(正しい姿勢でできれば腸骨筋(ちょうこつきん=骨盤から太腿の骨に繋がってる)が使えてデットリフトの時に自然と腹圧が入る)

 

 

後は2点歩行とかしてもらい股関節の動きをチェック

 

2点歩行(足先を真っすぐして2本の線を踏むように歩く)

 

 

 

外旋グリップのトレーニングでしっかりと股関節を使えるようになるとゴルフのスイングでも、体重移動ができるとお客様に体感して喜んでいただいてます。

 

自然と股関節を使える体を作ってあげましょう♪

 

 

 

アメブロはこちら↓

https://ameblo.jp/kuri-ren