菱形筋(りょうけいきん=肩甲骨内側)

菱形筋(りょうけいきん=肩甲骨内側)から頭板状筋(とうばんじょうきん=首)へアプローチ

 

筋連結とは

筋と筋が重なり合う部分を示す。
筋が交差する部位でもあるし、起始(きし=筋肉の端)、停止(停止=筋肉の端)部の繋がり
の場合もある。
例)左の菱形筋(りょうけいきん=肩甲骨に内側に筋肉)が縮むと

 

右の頭板状筋(とうばんじょうきん=首の後ろ側を繋いでる筋肉)が伸びる→頭が左に倒しにくくなる。

 

 
もし二人一組で体験したいなら、一人の方は肩甲骨の内側に手で刺激を入れて

 

刺激を入れて逆側に首が動かしやすくなるかチェック。

 

 

 

筋肉は図を参考に

 

 

次回は翼状肩甲とはなんぞやと解説とトレーニング法を紹介(^^)
アメブロはこちら↓
https://ameblo.jp/kuri-ren