手にマヒがないかテスト方法は?

手の構造(指の解剖学)

 

 

 

●まずは指の関節の呼び名を覚えよう。

 

 

 

・中手骨(ちゅうしゅこつ)と基節骨(きせつこつ)で構成する関節を簡単にいうとMP関節

 

(拳をにぎって出る骨辺り)

 

・基節骨と中節骨(ちゅうせつこつ)で構成する関節をPIP関節と言う

 

(MP関節より指先にある関節)

 

※親指だけこの関節がない

 

・中節骨と末節骨(まっせつこつ)で構成する関節をDIP関節と言う

 

 

 

〇手にマヒがないかテスト方法

 

①DIP関節とPIP関節は伸ばしてMP関節は屈曲90度(下の図を参考に)

 

可動域が狭い人は内在筋優位手(ないざいきんゆうひしゅ)

 

=手の平のインナーマッスルが働いているかのテスト

 

インナーマッスルが働かないと代償動作(だいしょうどうさ)で前腕に筋肉を使う→腕が疲れる

 

 

 

 

②DIP関節とPIP関節を屈曲、MP関節は伸ばす

 

外在筋優位手(手首から上のインナーマッスルが働いてるか)

 

 

 

 

 

 

腕が疲れやすい原因も腕のインナーマッスルが働いてないのが原因かもしれません。

 

アメブロはこちら↓

https://ameblo.jp/kuri-ren