ゴルフの構え(調子の良い時、悪い時)

★パーソナルトレーニングクリーレン★

 

お客様がぎっくり腰になりかけてからゴルフのスコアが一気に悪くなったのでそれは何故か、姿勢や動作の評価をしていて原因に気づきました。

 

腰が痛い時はゴルフをする時に腰に負担がかからないように、骨盤を後傾(後ろに倒す)して腰が痛くないように守ります。

 

調子の良い時のゴルフのスイングを見ると写真の下側のように骨盤が前傾(前に倒れている)しています。

 

ゴルフ前に構えをよくしようとしたら、膝を軽く曲げて尻をちょっと後ろに向けて体を細かく上下に動かすと踵に体重が乗りゴルフやテニスの構えが良くなります(^0^)

 

一度ゴルフ等のスポーツ、又はトレーニングで踵に体重をのせたい方は試してみて下さい♪

 

 

 

ゴルフやテニス、野球などのトレーニングを希望の方はこちらのホームページからご連絡下さい。ブログやホームページを見た方は今なら体験料7500円が半額以下の3500円になります↓

https://www.kuri-ren.com/