ロコミティブシンドローム②

●ロコモティブシンドロームの言葉の意味

運動器の衰えで日常生活に支障をきたす。

加齢と共に運動しないと筋肉が落ちてしまいます。
ではそれを防ぐ為にはどんなトレーニングがいいか?
前回に続きトレーニングの紹介をしていきます。
姿勢を保持するインナーマッスルは遅筋繊維(細くて持久力があり赤い繊維)は
速筋繊維に比べて加齢と共には落ちにくい、
だから速筋繊維を鍛えたあげた方が良い。
でも重いおもりを持つのは大変なので
①加圧トレーニングなど→無酸素運動が良い
②スロートレーニング→重りを上げる時は5秒、下げる時も5秒はかけた方が良い 。

 

preview

アメブロはこちら↓

https://ameblo.jp/kuri-ren