奈良で首こり改善トレーニング

ネックフレクション

仰向けに寝てボールを床に押し付ける事によって頭を支える後ろ側の筋肉のトレーニングとなります。普段事務仕事や携帯の使い過ぎ、姿勢不良で後ろ側の筋肉がストレッチがかかり過ぎて伸びてしまいます。このトレーニングで頭を支える前後の筋力をバランスをとります。

ネックエクステンション

顔を負荷をかけた状態で後ろに倒す事によって、首の前後に筋肉に張りが調整されて首凝りが楽になります。

普段からパソコン作業、長時間の携帯使用で顔が前に出てるので頭を正常な位置に戻してあげましょう。

頭を支える後ろ側の筋肉は締まり、前側の筋肉はストレッチされます。

サイドネックレイズ

サイドネックレイズと言うトレーニング種目。

頭を負荷をかけた状態で横に倒すことによって首の前側の筋肉が緩みます。

日常生活で普段から顔が前に姿勢を悪くしてしまいます。

顔が前にでる事によって首の前側の筋肉が縮んでしまって、首コリになってしまいます。

そういった状態を改善するにはサイドネックレイズは効果的です。

肩にインナーマッスル強化(うつ伏せバージョン)

頭を支える後ろ側の筋肉は、肩甲骨の上側に繋がっています。

後ろ側に筋肉が痛い場合は、肩甲骨の安定感がないからその筋肉に負担がきてるかもしれません。

その場合は肩にインナーマッスルを強化するトレーニングをして肩甲骨の上の筋肉に負担をとっていきます。

立位で肩のトレーニングをしてもいいのですが、フォームが崩れやすいので、床に肘をついた状態でトレーニングを推奨します。

チューブの強度は緩いやつで十分なので、細かい動きを30回×3セットして肩のインナーマッスルを鍛えていきましょう。

トライセプスダウン(ケーブル編)

頭を支える後ろ側の筋肉は、肩甲骨の上側に繋がっています。

後ろ側に筋肉が痛い場合は、肩甲骨の安定感がないから首に負担がきてるかもしれません。

二の腕の筋肉が肩甲骨に繋がっているので、二の腕の筋肉に長頭を鍛えるトライセプスダウンのトレーニングをすると肩甲骨に上の筋肉が楽になります。

トライセプスダウンのトレーニングで重要な事はしっかりと肘を伸ばしきりましょう。

重りよりもしっかりとした可動域を使ってトレーニングする事が大切です。