奈良で膝痛改善トレーニング

レッグエクステンション

膝のリハビリに必ず勧められるのがこのレッグエクステンションというトレーニング種目。

足を痛めてる方や手術した後の方は必ず足が伸びにくくなってしまいます。

膝は曲がってしますと凄く不安定な状態になり、足や股関節に痛みが出ます。

足の痛みをとるにはまずは足を伸ばしきる事が大事です、その為のこのレッグエクステンションと言う種目が最適。

 

自宅でトレーニングするなら緩めにチューブを両足首に着けて、写真のように片足を上げきる事が大事です。

15~20回を3セットすると凄く足が軽くなります。効果がでない人はやり方を間違っている事があるのでご注意を。

足を上げた時に太腿前のちょっと内側が効いてればOKです。

 

レッグプレス(足を閉じたバージョン)

足のトレーニングで王道のレッグプレス。目的によって足幅や足を置く位置が変えれます。

足を揃えて膝を伸ばしきらないようにレッグプレスをすると足のX脚やO脚に改善効果も期待できます。

 

マシンの種類のよってはしっかりと足を胸に近づける事で股関節のストレッチにも効果的です。

足裏の使い方で普段の重心も分かり、つま先で押すのでなくしっかりと踵で押すようにしましょう。

つま先だけ当てて脹脛のトレーニングも可能です。

 

スクワット(チューブをつけて)

膝の痛み改善や美脚の為のトレーニングでやるのが、スクワットのしゃがんだ姿勢でのチューブを使ったトレーニング。

痛みの原因は膝蓋骨が内を向いてる為に起こることがよくなります。

 

正しい膝蓋骨の向きにして膝の痛みをとるなら、足の付け根から外に向ける必要があるのでチューブを使ってのトレーニングが効果的。

 

クラムシェル

 

クラムシェルは中殿筋や股関節のインナーマッスルを鍛えるトレーニングです。しっかりと骨盤を固定した状態でトレーニングする事が大切ですが、正しく出来ると骨盤が締まります。片側の骨盤が開いて腰痛になってる方には必ずこのトレーニングをして腰痛改善してもらいます。腰痛の方は是非やってみて下さい。

 

お尻の筋肉に効きにくく、足が疲れる人は事前にお尻のストレッチをしてしっかりと柔軟性を出してお尻に筋肉を使いやすい状態を作りましょう。