奈良で肩こり改善トレーニング

チェストプレス

マシントレーニングで一番有名なチェストプレス。スポーツクラブでは必ず推奨されるトレーニングですね。

しっかりと胸を張り、腕を動かす事で胸の付け根の筋肉が鍛えれます。

バーをおろした時に胸のラインに椅子の高さを調整するのがポイントです。

胸が張れてないと腕のトレーニングになってしまうので、必ずしっかりと胸を張って胸の付け根に効くようにしましょう。

腕立て

肩こりの改善の為に家で推奨されるトレーニングで言えば腕立てですね。

膝はついてもいいので、まずはしっかりと胸を張ってやりましょう。

背中が丸くなってると胸には効かず腕だけがしんどくなります。

手の置く位置も身体を下した時に手が胸のラインにくるようしましょう。

これでもしんどい方は壁を使って壁立てをしましょう。トレーニングが終わった後に背中や方が楽になってればOKです。

 

ラットプルダウン

ラットプルダウンは肩甲骨を動かす事で肩回りの血流を良くして、肩こり改善になります。注意点は首に力が入らないように肩甲骨をしっかり下げてからトレーニングを行うことが大切です。

出来るだけ親指で引かず、小指側から引くように。

バーをもつ時は親指を上側に持ってくるサムレスと言う持ち方をしましょう。

ローイング

ローイングはしっかりと肩甲骨を開いたり、内側に寄せる事が大切です。このトレーニングも腕を使うのではなく背中を使うように意識をしながれトレーニングする事が大切です。

腕を引くときに背中を丸めないようにしっかりと胸を反るぐらい張りましょう。顔も下を向かず上を向いて。

腕を伸ばす時は背中を丸めてしっかりとストレッチするやり方もあります。

このトレーニングの後に肩回りが軽くなってれば正解です。

肩のインナーマッスル強化(うつ伏せ編)

 肩のインナーマッスルのトレーニングをすると肩甲骨が正しい位置にきて肩回りが楽になります。

立って状態でインナーマッスルのトレーニングをするより寝た状態でトレーニングした方がフォームがしっかりと保ちやすく、効果的です。

チューブの強度は緩いやつで十分なので、細かい動きをz30回×3セットしてインナーマッスルを鍛えていきしょう。