股関節のインピンジメント

●股関節前方インピンジメント

 

インピンジメントの意味は狭くなる。なぜそうなるのか?

・腸腰筋(ちょうようきん)の硬さ→硬くなると筋肉はごつくなる

確認方法はトーマステスト→(上向きに寝て片足を抱えて逆足の動きをみる)

・関節包が硬くなってる

・鼠経靭帯(そけいじんたい=骨盤と恥骨を繋ぐ靭帯)が内側の腸腰筋の滑走(かっそう=滑るような動き)を止める=下図の参考に

股関節のインピンジメントのテスト方法
仰向けに寝て股間節屈曲120度にして内旋してつまりがあるか?
改善方法
①腸腰筋は横向き寝て下の足を抱えて上の足の膝を90度に曲げてストレッチ
※片側の腸腰筋が硬いとそちらに体は側屈(Cの形に上体を倒す)
 するので手の長さが変わる
→その状態で動いていると肩を痛める
②関節包は仰向けに寝て、膝を90度に曲げて両手で足の付け根に置いて
膝を上のおしながら関節包に円心の力をかけて2分
③鼠経靭帯は横向きに寝て片手で鼠経靭帯を上の圧をかけて腸腰筋にストレッチをかける